忍者ブログ
もっと気軽に着物を着てみるのもいいと思います。
着物の好きなところは、ズバリ、きっちり四角形に折りたため、
ピタリと引き出しの中に納まるところです。




毎回着物を着終わった後、畳の上にバサリと広げ、
直線の脇縫いを整えるところから始まり、最後には見事に
ペタリとした長方形になります。




このきれいに折りたためた時の気分のいいこと。




これは襦袢についても、帯についても言えます。




少し凸凹感のある名古屋帯でもきっちり長方形になり、
本当に気持ちがスッキリするのです。





これは洋服ではできないことで、洋服は基本吊るすように
できているのでしょうか、ギャザーが入っていたりポケットが
ついていたりして折りたたんでももっこりしてしまったり
変な形になってしまったりして、着物の時のような快感は得られません。





着物類も今は着やすく、また着た時きれいな形ができるようにと
いろいろ工夫されており、例えば襟がきれいに抜けるよう
洋服のようにギャザーが入っていたりボタンで留めるように
なっている襦袢もあります。




私もしばらく使っていたのですが、この着終わって畳んだ時の
スッキリとした切れの良さがないために、結局嫌に
なってしまいました。





作り帯も同様で、つける時は楽ですが、しまう時、お太鼓の形が
崩れないのではあのシンプルで美しい長方形には戻りません。




おまけに形が決まってしまって他の結び方ができなくなってしまうので、
こちらも結局止めてしまいました。





PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
プロフィール
HN:
気軽にさんまん
性別:
非公開
フリーエリア
忍者ブログ [PR]