忍者ブログ
もっと気軽に着物を着てみるのもいいと思います。
私は数えるほどしか着物を着たことがありません。七五三、成人式、卒業式の袴、結婚式で白無垢、あとはゆかた、くらいです。





どうしても着たり脱いだりが大変なイメージがあります。




時間がかかる上に窮屈、動きにくく、着付けてもらうのにお金もかかる。髪型も考えないといけませんし。





敬遠しがちな着物ですが、考えてみれば、人生の節目節目でなんだかんだ
着ているものです。





先日、息子の七五三の写真をとりました。
羽織袴を着た息子の姿を見たくてわくわくしている自分がいました。





自分は着るのがあまり好きではないのに着せたい親心です。





いつもよりなんだかたくましく格好よい息子の姿に着せて
良かった!と心から思いました。本人も気に入ったようです。





息子の友達の七五三の写真を見せていただいた時、母親父親も
着物姿で一緒に写っている家族写真を目にしました。





それは本当にとてもステキな写真でした。子ども写真のみの我が家。





あぁ、こんな写真の撮り方もあったかとちょっと後悔です。





次の娘の七五三への参考に。これから、子どもたちの節目の時にも、
母として着物を着る時が来ることがでてくるでしょう。




これまでよりなんだか楽しみな気がしてきました。






PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
プロフィール
HN:
気軽にさんまん
性別:
非公開
フリーエリア
忍者ブログ [PR]